ニキビ跡の治療法

ニキビは悪化するとニキビ跡として残ってしまいます。見るのもツライ跡ですが、現代の最新医療でほぼ完璧に治るんですよ。

サイトトップ > 外用薬をもちいたニキビ跡治療法

スポンサードリンク

ニキビ跡の治療法

外用薬をもちいたニキビ跡治療法


ニキビ跡の治療には外用薬をもちいる方法があり、使用される薬剤には大きく分類すると「抗生物質」、「ビタミン剤」、「角質剥離剤(かくしつはくりざい)」の3種類。


このうち外用薬の抗生物質は、クリームタイプよりもローションタイプのほうが効果が大きいようです。また抗生物質といってもさまざまな種類があり、なかでもダラシンという抗生物質がとくに効果が高いといわれ、多様なニキビ症状に処方されています。


ビタミン剤で有効とされるのは、ビタミンC誘導体ローションが代表格でしょう。ビタミンC誘導体ローションはニキビ跡のできる原因となる色素沈着を改善し、さらに皮脂分泌の抑制や炎症の抑制に効力を発揮するため、ニキビのできにくい肌をつくりあげる効果が認められています。


最後にニキビ跡の治療にもちいられる角質剥離剤ですが、これは表皮の角質をとり除いて毛穴の詰まりを改善し、乾燥を促進させる働きがあります。ただし、角質剥離剤は皮膚のバリア機能が低下するという副作用がでる恐れもあるため、使用にあたっては注意が必要でしょう。


いずれにしても市販の薬剤の場合は、皮膚科の医師とよく相談したうえで使用するようにしてください。まちがった使用法では、逆効果のうえ危険です。


ニキビ跡の治療法

MENU



スポンサードリンク